トップページ > i-Ten-Laboについて > スタッフ紹介 > さちるのつぶやき

命輝け京都第九コンサート

さちるのつぶやき其の四十三

情報登録日:2008-11-08 14:19:42 (sachiru7777)

最終修正日:2008-11-08 20:36:41 (sachiru7777)

命輝け京都第九コンサートちらし音楽話題でもうひとつ。

11月30日(日)京都コンサートホールで
第8回命輝け京都第九コンサートが開催されます。

実はさちるもソプラノにまじって出演します。
第九は初体験。
ちっとも高い声がでるようにならず、
かなりあせりを感じていますが、
とりあえず練習をかさねてきました。
初めてのドイツ語は発音に苦戦していますが、
何とか覚えこみました。

お近くの方、興味のあるかた、
再来年は挑戦してみたいと思われる方々
ぜひお越しください。
チケット好評発売中です。

宣伝でした。

リンク命輝け第九コンサートホームページ

命輝け第九コンサートとは

「命の第九」の大きな特徴は、声の出にくい人や高齢の方々にも歌いやすいように音域を狭くして編曲した「第5パート」があることです。
もう一つの特徴は、手話隊 が参加し、第九の「歓喜の世界」を手話表現で聴覚にハンディある人たちに伝えている点です。

日本人は第九好きなので、年末になると各地で第九コンサートが開かれますが、
やはり、身体障害者に第九のハードルはめちゃめちゃ高いです。
発声に制限があったり、不随意運動があったり、寝たきりだったり。
できる音だけでもできる表現だけでもとりこんで・・・といった姿勢は
クラシックでは画期的なことだったに違いありません。

初参加なので、実際の様子はコンサートを終えてからレポートしたいと思います。乞うご期待。


関連する情報help

キーワード命輝け京都第九コンサートにマッチする情報

関連書籍


コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=970

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >