トップページ > 京都のバリアフリー > お勧めバリアフリーコース

春のさくら散策コース − Cエリア

植物園内 〜 地下鉄烏丸線「北山駅」

情報登録日:2005-07-25 12:58:09 (ono)

最終修正日:2006-08-21 02:45:09 (ono)

植物園「北出入り口」

入り口付近の様子■コース■

北入り口を入るとすぐに整備されたトイレがあります。また、そのすぐ前には、園内地図の案内板があり、その時期の見所の植物がある所にマグネットが貼られています。大変分かりやすい案内板です。また、季節ごとに案内チラシが印刷されているようで、その時期の開花時期も分かります。

■チェック■

公衆便所は、アクセシブルな車いす用トイレは各トイレごとに設置されている。標示はわかりやすい。男女別に設置されている。男女の間に共用もある。ドアはおおむね引き戸、一箇所自動。スペースは車いすで回転可能。手すりは両側にあり、最低一方は可動式。施錠は錠が大きく、軽くかけられる。洗面台は車いすが前からアクセスでき、手すり付き・センサー付き自動水栓・低い(斜めの)鏡付き。一箇所着替え用の台がある。手荷物を置く台がないところもある。貸出用の車いすが常備されている。南門、北門それぞれに15台。


リンク京都新聞 デジタル植物園

植物園「園内」

園内の様子■コース■

自由に散策して下さい。下見に行った時期は、梅が満開でした。春の桜が咲く時期には、大変込み合います。中央広場(かなり広い)での食事もかなり大変だそうです。園内は場所により土の道がありますが、極端な段差はありません。


植物園「温室」

温室の様子■コース■

温室内の通路は狭いですが、間近に珍しい植物を見る事ができます。各コーナーの入り口には解説板と同じ内容をアナウンス(手動で操作)してくれます。

■チェック■

温室内は、やや狭い通路、随所に傾斜しているが緩やかである。

北山駅

■コース■

北出入り口を出ると、すぐに北山駅にエレベーターなどで入る事ができます。近辺には、陶板の森や、京都コンサートホール、FMラジオ局(αステーション)、お店などがありますので、観光する事ができます。

■チェック■

地下鉄「北山」駅 出入り口は植物園北門のすぐ横、エレベーターあり。扉の広さは幅が80cm以上ある。
  両サイドの中央に100cm程度の高さに操作盤が設置されている。壁面には手すり付き、正面に鏡がある。トイレは改札口の中に車いす用を設置している。ドアは引き戸で、施錠もしやすい。スペースは広く、車いすでの回転も可能。手すりは両側に付いていて片方は可動式。








関連する情報help

キーワード植物園 温室にマッチする情報

関連書籍



コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=274

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >